消費者金融総量規制対象外

 

全国どこでも借りられる消費者金融

昔はお金を借りようと思ったら、消費者金融の店舗まで足を運ばなければならなかったので、外出先にお目当ての店舗がないと、なかなか利用しにくいところがありました。しかし今ではわざわざ消費者金融まで出かけて申し込まなくても、電話やインターネット環境さえあれば申込みが可能なので、随分便利な時代になったと言えます。全国どこにいても申し込みが出来ますし、インターネット申し込みなら24時間いつでもOKなので、時間を選ぶ必要もありません。申し込み後、消費者金融では審査が行われますが、それに合格するとすぐにコンビニATMなどからお金を引き出すことが出来るので、近所にコンビニさえあれば、いつでもどこでもお金を手に入れることが可能です。コンビニなら日本全国どこにでもあるので、消費者金融の店舗を探して、うろうろする必要がないので助かります。最近の消費者金融はスピード審査で即日融資のところが多いので、今すぐお金を手に入れたいときにおすすめです。総量規制対象外の銀行消費者金融も即日融資可能であります。

 

消費者金融の利用と属性による審査

消費者金融業者とは、現金を融通してもらうサービスを提供する業者のことで、いわゆる金貸しの仕事をしています。かつてはあまり良い印象は持たれていませんでしたが、最近はテレビCMで見ない日は無いくらいに大衆化してきて、気軽に利用することのできるサービスとして定着してきています。しかし、消費者金融業者から現金を融通してもらうというのは、すなわち借金をすることですので、当然ですが業者側での審査に通過することが必要となります。消費者金融業者側が審査をする際にポイントとするのは、利用者の属性です。属性とは、利用者本人の個人情報で、氏名や住所はもちろん、職種や年収などの勤務先及び収入の安定性などに関する事項や保険証の種別、賃貸または持家などの住まいの形態や居住年数など、あらゆるものがこれに含まれます。消費者金融側はこれを総合的に判断して審査を行ないます。したがって他の借金があるから審査は通らないということは一概に言えません。総合的に判断されて審査に通過することも考えられます。

 

複数の消費者金融に申し込みはダメ

消費者金融に申し込みをするときにどの消費者金融ならお金を借りることができるのか分らないため、同時に複数の消費者金融に申し込みをしたいものです。そうすれば、どれか一つくらいはお金を貸してくれるところが見つかりそうなものです。しかし、同時に複数の消費者金融に申し込みをすると、逆に審査に通りにくくなるので、この方法はダメです。簡単にダメな理由を説明しますと、例えば10社の消費者金融に同時に申し込みをした場合、もし全ての消費者金融の審査に通ることができてしまうと、それはそれぞれの消費者金融にとってデメリットになるからです。金融業界ではどの会社を利用しているのか、どの会社に申し込みをしているのかなどを確認することができるので、同時に複数の会社に申し込みをすると、その情報は申し込み先の会社に全て見られていることを覚えておくと良いです。一つの審査の結果が出てから、次の会社に申し込みをするのが良い方法です。これは総量規制対象外の銀行も同じ。